30代でほうれい線ができる原因とは?

biyou

 

まだ30代なのにほうれい線が出来る場合、その理由は何なのでしょうか。30代といえば、まだまだ若い年頃ですが、ほうれい線が目立ち始めるのはその時期からと言われています。誰だって年齢より上には見られたくはありませんから、ほうれい線を消したいですよね。

 

 

表情筋の衰え

ほうれい線の一番の理由は表情筋の衰えです。30代は20代以下と違って、そんなに大声で笑ったりする機会はありませんよね。年令を重ねて大きな口を開けたり閉じたりするなど、顔の表情を動かす機会が減ってくれば、表情筋は衰えます。
次に肌の乾燥も肌が水分を失ってたるんでしまいますからたるみの原因を作ります。

 

 

小さなたるみやしわも放っておけば深くなってほうれい線を作るだけです。30代の頃はまだ肌も若いですから、ほうれい線ができたとしても、その後のケア次第でツルツルの若い頃の肌に戻すこともできます。ほうれい線の原因である顔のたるみを無くすために顔をマッサージして刺激を与えてください。
30代から始めるほうれい線予防策は?

 

30代から始めるほうれい線ケア

biyou

30代から始めるほうれい線予防によい方法には何があるのでしょうか。
まず必要なのはUVケアです。肌は紫外線の影響を受けると肌のハリを守るコラーゲンやエラスチンが減少します。たとえ外に出ない日でもUVカットのファンデーションや日焼け止めを使うなどしてUV対策はバッチリ行いましょう。

 

保湿

biyou

 

毎日の保湿もほうれい線予防には欠かせません。30代からだんだんと肌は潤いをなくします。肌が乾燥するとしわやたるみの原因を作りますから、洗顔した後は必ず化粧水や乳液を使ってしっかり保湿してください。もう一つ、予防するのにおすすめなのが顔のエクササイズです。だんだん年齢を重ねると大声で笑うなど大きく表情を動かすことがなくなり、表情筋が衰えます。大きな口を開けて発音するなど、口角を上げ下げして表情筋を鍛えましょう。

 

 

最後に、生活習慣の乱れも疲れからほうれい線ができやすくなりますから、睡眠をしっかりとって、食事もバランスよくとるようにしてください。